トラブルを回避しよう

>

最も危険な破損

データを守る

内部が壊れた場合は、電源がつかなくなるなどのトラブルが起こるります。
高い位置から落としてしまった時は、慌てずすぐに電源を入れてください。
そして、通常通りの操作ができるかチェックしましょう。
その時に問題が起こっていなければ安心ですが、油断できません。
次第に壊れていく場合があります。

データが全部消えたら大変なので、前もってパソコンに移しておくことをおすすめします。
メモリーカードも破損すれば、データが消えると覚えておきましょう。
パソコンに移しておけば、仮に今使っているスマホが壊れた場合でも新しいスマホにデータを移動させれば、連絡先も画像も無事です。
万が一のことを考えて、対策をしっかり整えておきましょう。

充電できるか確認

スマホが壊れる被害で意外と多いのが、充電できないというトラブルです。
正常に動いていても、充電できないと困ります。
落とした衝撃で、充電機能がおかしくなってしまうことが考えられるので必ずチェックしてください。
もし充電できなければ、きちんと修理に出してください。

また、落とす以外にも充電機能が壊れる原因があります。
大抵のスマホは、ケーブルに繋いで充電します。
充電が完了した時に、強くケーブルを引っこ抜くと内部が傷つく危険性があるので気をつけてください。
ケーブルを丁寧に抜けば、大丈夫です。
極限まで充電ケーブルを伸ばすことも悪影響を与えます。
修理する時は、1万円ほどかかってしまう可能性があるので無駄な出費になります。